私がインターンをする理由

【私がインターンをする理由】メリットがいっぱい!インターン参加で得られた〇〇

  • 最終更新:2019/06/07

    こんにちは!プラスカラーインターンの吉岡です!
    今回は私が企業のインターンシップに参加しようと思った
    動機やインターンシップで得られたこと、
    そしてインターンシップの重要性について執筆していこう
    と思います。

    ~そもそも自分、なぜインターンに参加しようと思ったの?~

    まず、私がインターンシップに参加しようと思った理由です。
    一つ.企業で働くということを疑似体験してみたかったから
    二つ.その参加する企業の雰囲気を知りたかったから
    三つ.先輩からの勧めや企業様からのスカウトがあったから
    以上が私がインターンに参加してみようと思った動機です。
    就活生は何社もの企業を受けるので、その全ての企業の
    インターンシップに参加するということは
    厳しいと思います。
    しかし、例えば営業志望の方でしたら、ルート営業と新規
    顧客開拓営業のインターンシップをそれぞれ1社ずつ参加
    するだけでも大体どのような感じにお仕事をするのかを知
    ることができると思います。
    なので、少しでも興味がある職種があればそれに関する
    ことを体験できるインターンに参加してみたら良いと
    思います!

    ~私がインターンで何を得て、何を学んだのか?~

    私がインターンシップで学んだことは、営業職のやりがい
    と楽しさでした。
    具体的な話をしますと、ルート営業のクライアントとの
    付き合い方や新規顧客開拓営業のお客様との新しい関係の
    築き方など営業職の基礎的なやり方です。
    営業といえば商品やサービスを売ることがお仕事ですが、
    最初からお仕事のお話をすることはできません。
    最初は何気ない雑談から入り、そこからお客さまと仲良く
    なって契約の話を出していくものだということを
    インターンシップの体験を通して知ることができました。
    プラスカラーのインターンシップでは記事の書き方や、
    企業のアポを取る際にリストを作ることが重要だという
    こととそれの効率的な作成方法を学びました。
    それから、同じインターンシップに参加して共に
    グループワークを行った就活生の友人もできました。
    これにより、就活の情報交換などをするようになり、就活
    を少しスムーズに進めることができるようになりました。
    ↑これ、なにげに大事です!

    ~なぜにインターンが重要なの?その理由とはなんぞや?~

    私はインターンシップを実施することは企業にとっても
    学生にとっても大きな意義があるかと思います。
    企業側にとっては学生の働きぶりが見ることができ、
    仕事の潜在的な能力もある程度計ることができます。
    学生にとってはその企業で実際に業務を体験することに
    よって、その仕事に自分が向いているのか否かある程度
    わかります。
    つまり、自分にはどんな仕事が向いているのかを知る
    きっかけになり、企業選びの軸になります。
    それから、これはみなさんもご存知かもしれませんが、
    企業と学生双方に「こんなはずじゃなかった…」と
    入社後のミスマッチを防ぐことができるという利点もあります。
    就活をして会社に入社したはいいけど
    「思っていたのと違う…」
    ということはよくあるのではないでしょうか?
    これは自己分析が足りていなかったり、企業研究や
    業界研究が足りていなかったというところに原因があるの
    かもしれませんが、実際にインターンで業務体験をする
    ことで防げる可能性は高いと思います。
    以上の理由から、私は学生さんにはインターンへの
    参加を、企業様にはインターンの開催をお勧めいたします。

    ~私がインターンに参加し続ける理由と就活の反省点~

    私は今までにプラスカラーを含め、5社のインターンに
    参加してきました。
    どの企業にもそれぞれ学べたことがありました。
    もちろん、学べることがあると考えて参加しました。
    私自身、就職活動の中盤あたりにさしかかってきました
    が、まだインターンシップを開催していて興味のある
    企業様を見つけたらインターンに参加していこうと
    考えています。
    入社できなくても、新たな発見があるかもしれませんし、
    いろんな企業を見て回れるのは今の時期だけだからです。
    就職活動は疲れるものですが、どうせやるのであれば
    楽しんだ方が良い!
    新しいことに挑戦するつもりで、興味のなかった業界の
    インターンシップに参加してみるのも良いと思います。
    私は今まで全く興味のなかった毛髪業界の会社から
    インターンシップのオファーをいただき、
    新たな発見があるかもしれないと思い、来週予約をいれました(笑)。

    ~最後に~

    私はインターンシップにもっと早い時期から参加して
    おけばよかったと非常に後悔しています。
    私は3年生の12月辺りまで就活のことをほとんど考えて
    いなかったのでインターンに参加していませんでした。
    もっと早いうちからインターンシップに参加しておけば
    選考や説明会の時期にバタバタせずに済み、
    精神的に余裕を持って参加することができます。
    早くから企業選びの軸が出来上がったり、
    早い段階から就活への意識を持つことができます。
    もしかしたら企業によっては早期内定をいただくことも
    できるかもしれません。
    この記事を読んでくださっているあなたが、
    いま大学3年生だとしたら。
    3年の夏にインターンシップに参加することをおススメします!

    最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
    この記事を通して、少しでも就活の参考になれば幸いです!