就活研究記事

【就活研究記事】交流会型就活イベントに「もう行きたくない」と思った、過去の私に言いたいこと。

  • 最終更新:2019/05/17

    皆さんこんにちは!
    プラスカラーでインターン中の河上と申します。
    4月がスタートしましたね!
    新大学3年生になった方たちには
    「良い企業に就職したい!」と意気込んでいる方も多いの
    ではないでしょうか?
    「就職活動=結婚」と言われているように、就活は今後の
    人生を決める大切な時期です。
    働くなら、自分が納得した企業で働きたいですよね。
    ところで、「一度に複数の企業とマッチングを図り、
    効率よく就活を進めたい!」と思っている学生さん、
    「交流会型就活イベント」って知っていますか?
    私も参加したことがあるのですが、恐怖心を植え付け
    られたので一度きりで辞めました。(笑)
    ですが、今後交流会型就活イベントに参加したいと思って
    いる学生さんには、私と同じような思いをして欲しくないです。
    そこで本記事では、交流会型就活イベントに参加した私が
    思う、注意点や参加するメリットについて書いていきたい
    と思います!

    ~交流会型就活イベントって?~

    交流会型就活イベントとは、複数の企業と数十名の学生を
    呼んで開催される、マッチングイベントです。
    私は↓のような流れで参加しました。
    ⒈就活サイト(私はキャリアパークさん)に登録
    ⒉サイトから電話がきて、リクルーターがついた
    ⒊リクルーターと通話面談をし、
    自分がどの業界に興味を持っているかを質問された
    ⒋「今度、河上さんが興味を持った業界の企業との
    マッチングイベントがあるんだけど、どう?」と言われ、
    参加の返事を出した
    ⒌イベントに参加
    3の段階のとき、私は自分が気になっている業界がよく
    わかっておらず、「コンサルかなー」と、なんとなく答え
    ていました。
    (ちなみに、コンサルの意味もよく理解していませんでした。(笑))
    その結果、コンサル企業が集まる交流会型就活イベントに
    参加することになり、コンサルに興味のある学生が集まる
    会場に、場違いだなーと感じながら、6時間も滞在する
    ことになりました。

    ~イベントに参加して、植え付けられた恐怖とは・・・~

    「このイベントになんとなく来て、場違いだなーと感じて
    いる私が、超絶意識の高い学生と、マッチングする気満々
    の企業に囲まれながら、私の就活レベルを見られている」
    これが私にとって恐怖でした。
    しかし、私のような、軽い気持ちで参加している学生さん
    は勿論いませんでした。
    普通に考えて、当たり前ですよね(笑)
    なので、初めに行われたグループディスカッションでも、
    ・コンサル系の専門用語っぽい言葉が大量に出てきて、
    話についていけない
    ・グループディスカッションの様子を企業の人が見に来る
    けど、話に追いついていないため、発言ができない
    という状態になり、早く帰りたいなーと思いはじめました。
    さて、ここで皆さんに問題です。
    Q.私が「早く帰りたいなー」と思いはじめた、
    一番の原因は何でしょう?・・・わかりましたか?
    正解は、「何の知識もないまま、早期内定が欲しいの
    気持ちだけでテキトーに参加したから」です。
    マッチングイベントに参加しようとしている学生さんには
    私のような学生はいないかもしれませんが、一応忠告して
    おきます。
    軽い気持ちでテキトーに行くと、超絶怖いしツライぞ!!
    私と同じ目にあいたくなかったら、自己分析をして、
    本当に興味のある業界のイベントに行くことを強く勧めます。

    ~イベントに参加するメリット~

    他の学生を見ていて、マッチングイベントに参加した場合
    以下のようなメリットがあると思いました。
    ・企業の人からフィードバックを受けることができる
    ・「今の自分に足りないもの」を知ることができる
    ・企業との繋がりを持つことができる
    ・選考に直結する
    ・見てる業界の中で、知らなかった企業を知ることができる
    ・他の学生の、意識の高さを実感できる→自分ももっと頑張ろうと思える
    ・意識の高い学生同士でつながることができ、情報共有ができる
    私はこのメリットを感じるレベルに到達できず、イベント
    を終えました。
    ですが、今後参加する予定の学生さんには沢山のメリット
    を感じてもらい、「行って良かった!また参加したい!」
    と思ってもらいたいです。

    ~イベントを終えたら~

    6時間にわたるマッチングイベントが終わり、
    「やっと解放されるー!」と、私は思いました(笑)
    めちゃくちゃ失礼ですね。
    こういう結果になってしまったことにとても反省しています。
    さて、マッチングイベントに限らず、インターンなどの
    就活をした後、皆さんは何をしていますか?
    ・企業についてメモした内容に、再度目を通す
    ・インターネットなどで情報収集をし、メモに情報を加える
    ・他の就活生の様子を思い出して、真似したいこと・自分の改善点を書き出す
    ・今後のスケジュールを確認する
    ・今日も頑張った!と自分を褒めて、ゆっくり休む
    色々な人がいるのではないでしょうか?
    私はこのマッチングイベントでとても疲れたので、
    最後に書いたように「今日も頑張った!」と自分を褒め、
    すぐにお風呂に入って寝ました。
    「マッチングイベントに参加した学生」としては
    本来の目的は何も達成されていないので、「頑張った!」
    とは言い難いですが、自分を褒めてモチベーションを
    上げることも大切だなーと思います。
    皆さんも、積極的に自分を褒めて、モチベーションを維持
    して欲しいです。
    ですが、「今日の自分は良くなかったな・・・」と
    思ったら、他の就活生の良かった点を書き出し、自分の力
    に変えていきましょう。
    〝失敗は成功のもと″です!

    ~まとめ~

    さて、ここまで交流会型就活イベントに参加する際の
    注意点や参加するメリットについて紹介しましたが、
    いかがでしたか?
    皆さんには、交流会型就活イベントで充実した時間を
    過ごして欲しいので、私の失敗談を見て、二の舞にならな
    いように気を付けましょう!
    この記事を読んで、少しでも皆さんの就活が楽しいものに
    なったら嬉しいです。
    目を通していただき、ありがとうございました!