私がインターンをする理由

【私がインターンをする理由】インターンでの実務経験は社会に出るための足がかり。

  • 最終更新:2019/08/20

    こんにちは!インターン生の佐々木房之介です!
    皆さん就職活動は順調に進んでいますか?
    近年インターンシップの重要性が叫ばれていますが、実際どうなの?と感じている人もたくさんいるのでは?
    私がインターンシップに参加して思ったことは、メリットは大いにあります!
    今回は私が感じたインターンに参加するメリットについて紹介します!

    〜インターンに参加するメリット〜

    実際に企業に行くことで、会社の社風や雰囲気を肌で感じることができるだけでなく、自分自身が会社に入って働くイメージが掴めます。
    私自身インターンに参加し、企業のホームページや写真だけでは伝わらない雰囲気や社風、仕事の現場を感じることができました。
    それだけでなく、直接社員の方に質問できる機会もあるので、就活サイトには載っていない情報を得ることができ、より一層会社理解や視野を広げることができます。また同じように就活をしている就活生と交流することができ、新たな情報を得ることができます!

    〜参加する前の準備を怠らずに〜

    インターンに参加したい!と思ったらまずは準備をしっかりしましょう。これはものすごく大事なことです。
    まずは行きたい会社、業界を自分なりにリストアップします。その際、自分が今まで知らなかった業界、興味のなかった業界も見ていくと良いでしょう。
    私自身も自分が興味のある鉄道や航空業界を中心に見ていましたが、銀行や印刷業界など幅広く見ていました。そうすることで視野、可能性が広がりました。
    さらに参加する際にはエントリーシートの提出が求められることがあります。締切日は要確認です!
    何より大事なのは「なぜインターンに参加するのか」という目的を明確にすることです。目的がある、無いではインターンに参加した時に得られる学びや気付きの質が違ってきます。

    〜実際にインターンに参加し多くの学びを得よう〜

    目的が決まり準備ができたら、実際にインターンに参加してみましょう!
    私が特に心がけているのが、社員の方に積極的に質問をすることです。これは知り合いの方から聞いたのですが「これから多くの企業に訪問できるのは学生の特権。社会人になれば取引先でも無い限り訪問することはほとんど無い」とおっしゃっていました。このチャンスを逃さずに気になること、疑問に思うことは臆することなくぶつけていきましょう!
    また企業によっては、グループディスカッションなどが課せられることもあります。この機会も十分活用しましょう!インターンの場で本気で取り組むことによって、雰囲気や手順を掴むことができ、本選考でもプラスの効果を生むことになります。

    〜参加後は活動を振り返ろう〜

    インターンに参加した後大切なのは振り返りです。
    そこでおススメしたいのが、ノートを作り、感じたことを書き出すことです。
    例えば、グループディスカッションが課せられた場合、「役割を果たせていたのだろうか?」「自分の意見をしっかり発信できただろうか?」「他のメンバーと協力できただろうか?」などしっかりと振り返ることで反省点や改善点も見つかります。
    そうしていくことで、実際に選考で活かせる場面もきます。私もインターンでの失敗経験があったからこそ、選考を突破できた経験があります。
    だからこそしっかりと振り返りをすることは大事なのです。

    いかがでしたか?
    このようにインターンに参加するメリットはたくさんあります。むしろ参加しないなんてもったいない!とさえ言い切れます。
    学生という機会を積極的に活用することをおススメします!