私がインターンで得たモノ

【私がインターンで得たもの】インターンを通して仕事だけでなく、自分のことも知る

  • 最終更新:2020/07/03

    こんにちは。プラスカラーのインターンに参加している、成城大学社会イノベーション学部4年生の大橋幹英です。現在はインターンと並行して、2021年度卒として就活をしています。本格的に就活をはじめる前に、一度社会人としての仕事を経験しておきたいと思い、プラスカラーのインターンに参加しました。実際に参加してみると、仕事内容を学べるだけでなく、企画やサービスを考えて売り出すことの難しさや、自分自身の向き不向き、また不得意な部分を改善するためには何が必要なのかについても知ることができました。今回は、そういったインターンの重要性を説明しながら、インターンへの参加を迷っている人への後押しができたら良いと思っています。

    【私がインターンをする理由】遅すぎる就活スタートで、あえてインターンに参加する訳

    ~インターンで経験したこと~

    私がインターンで実際に経験したことは、NOZOKIMIに掲載するための記事の執筆、事務系の作業を複数こなすマルチタスク、企画や営業などの業務です。私がこの中で一番力を入れ、多くのことを学べた業務が「代官山プロジェクト」に向けた企画と営業です。代官山プロジェクトとは、プラスカラー を中心として代官山駅の北口周辺のお店を盛り上げていこうというもので、現在作成中の企画です。 最初はもう1人のインターン生と一緒にプラスカラーができるサービスを中心として企画内容を考え、その企画を持って実際に店舗へ営業にまわりました。この営業では自らが考えた企画を一方的に提案しにいく形をとってしまったため、そこから信頼関係を作っていくのは難しいと感じました。また、各店舗の課題をしっかりと把握していなかったため、相手が本当に必要としているサービスを考えられていませんでした。そこで営業の手法を変え、まずは課題を聞くことに集中しました。手法を変えたことで、コミュニケーションがうまくとれるようになり、各店舗と代官山全体の課題が少しずつ見えてきたのです。

    ~実際にやってみることで学べることがある~

    私が実際にこれらを経験してみて学んだことは、仕事自体についてと自分自身についての両方にあります。まず企画や営業をやらせてもらった経験から、相手の課題をしっかり理解した上で、相手が本当に必要としている企画やサービスを考えて、それをビジネスにしていくことが大事だということを学びました。課題を理解していない段階では相手が本当に欲しいと思っているサービスは作れず、営業にまわっても一方的な提案で終わってしまいます。またそのサービスからどうビジネスにつなげていくかまで考えなければ、それは単なる自己満足の企画で終わってしまいます。 また自分自身についても学べたことがあり、実際に社会人になってから、自分が成長するためにどういった経験を積むべきかを考えさせられました。私は企画が得意で、こういった場で活躍できると思っていましたが、実際にやってみることでその難しさを知りました。この経験から、私は今後キャリアを積む上で、たくさんのサービスの勉強をし、既存のサービスを売り込むことからはじめ、企画力につなげていこうと思っています。

    ~インターンに参加して変わった考え方~

    私は物事を考えることが好きで、得意な分野だと思っていました。それ自体に変わりはありませんが、学生である私の企画力ではまだ社会に通用するサービスを作ることは難しいと実感しました。また他の企業でのインターンで行なっている模擬的な企画とは違い、実際に営業までを経験することで、自分が自信を持って売り込めるサービスを企画したいと思うようになりました。 就活をしていく中では必ず、自分の得意な分野とそれを会社でどう活かしていくかを話す機会があります。自分の長所を全面にアピールしていくことは大切なことですが、その長所を社会で活かすためには今後何をするべきか、このインターンを通して考えるようになりました。私の場合は先述した通り、自分の得意なことを活かせるようになるまでのキャリア形成をすることが必要だと思いました。また実際に企画やサービス考案をしてみて、社会人の方からフィードバックをもらうという過程を繰り返していくことが、自分の長所を伸ばすために必要だと感じました。

    ~実践型インターンに参加して欲しい理由~

    私はこのインターンを通して、自分は何が得意で何が不得意かを理解するとともに、得意な分野を伸ばすためにどういったキャリアを積みたいか、また不得意な分野をどう改善していくかを考えるようになりました。自己分析が難しいと感じている就活生は、机に向かって考えるよりも、実際に働いてみると、より深く自分のことを理解できるかもしれません。私自身は経験談も合わせて、面接等で話す内容が深くなった実感があります。得意な分野をただアピールするだけでなく、どう具体的に活かすか、どう伸ばしていくかまでを合わせて話すようになりました。 また、私はこのインターンで、相手が本当に必要としているサービスを突き詰めて作っていくことが大切だということを学びました。そのため、クライアントやサービスに誠実でいようとする企業の理念にはより共感できるようになりました。実践型インターンを経験することで、就活の中で出会う企業の理念や方針に共感できるポイントが増えると思います。また面接などでは、インターンでの経験を合わせて話すことで、どう共感したかを具体的に話せるようになりました。

    インターンに参加することで、その会社の仕事内容を知ることができるだけでなく、社会人としての仕事の大変さを実感したり、自分についてより深く知ることができます。インターンに参加するか悩んでいる人、今就活で悩んでいる人、一度インターンに参加して、仕事や自分についての理解を深めてみませんか?