私がインターンで得たモノ

【私がインターンで得たモノ】ただ考えつづけるよりも、はるかに濃い経験

  • 最終更新:2020/12/28

    こんにちは。某大学で心理学を学んでいる林田と申します。現在は、22卒として就活中です。私がこのインターンシップに参加しはじめてから約1か月。時間の流れが今までの人生の中でも特に速く、人間として一番成長できた期間だったと感じています。私がこのインターンシップに参加した理由は、「今まで何もしなかった自分を変えたい、とりあえず何かに挑戦しよう」と考えたからでした。しかし何をすればいいのかよく分からない、と悩んでいたところに舞い込んできたのがプラスカラーのインターンシップへのお誘いだったのです。その時の心境は、単純に「とりあえずやってみよう」、ただそれだけ。なんとも軽いはじまりですが、結果としては参加して大正解でした。就活初心者の私がこの8日間の実践インターンシップで得たものについて、お伝えできたらと思います。みなさまにインターンシップの楽しさが伝わり、行動していただくきっかけとなれば、それ以上に嬉しいことはありません。

    ~山ほどのできないこと。それでも行動しつづける経験~

    私が行った業務は、記事執筆やSNSの投稿案作成、広報企画の立案、営業まわりなど多岐にわたります。どれも私がやったことがないことばかり。一から学びつつ、成果を出していかなければいけません。業務の中でも特に難しいと感じたのは、広報企画の立案と営業まわりでした。
    1つめの企画の立案では、0から新しい案を考えた上で、その企画が成果を出せるものであることを論理的に説明することが求められます。私はそれまで逆算思考の感覚をしっかり持っていなかったため、企画が曖昧になってしまっていたのですが、途中でフィードバックをいただいたことで改善。逆算思考のやり方を教えていただくと、道筋が明確になり、より具体的に企画を組み立てられることを実感することができました。
    2つめの営業まわりは、ガッツリした営業というよりも広報活動に近いものだったのですが、やはりはじめは上手くいかないこと続き。その中で気持ちを落とさず、ダメだった原因を考え改善しながら行動し続ける必要があり、その過程を実際に踏むことができたのは、私にとって大きな財産になりました。

    ~痛烈なアドバイスから身にしみた「目的意識」の大切さ~

    インターンシップを通して私が学び、身にしみて実感したことは3つ。それは、「時間管理の大切さ」「前へ前への姿勢」、そして「目的意識」です。どれも社会に出てから必要なものばかりですが、これらの意識が足りなかったことを実感したのは、このインターンシップがはじめてでした。この中でも特に強烈に身にしみたのが、「目的意識」です。業務の目的を最初にしっかり理解した上で、その目的に向かって効率よく進めることの重要性を考えさせられました。この重要性をはっきり認識したきっかけは、プラスカラーのメンバーの方からのアドバイスです。インターンシップ4日目を迎えた際の中間面談で、私が1日目に執筆した記事の原稿を読んだメンバーの方が、「あれはプラスカラーが求めていたものではなかった」と一言。そして、「選考インターンシップはただの業務体験ではない、プラスカラーが目的をもって業務を依頼している。そのことを考えずに言われたことをやっているだけでは、あなたの身にならない」とアドバイスしてくださったのです。正直泣きそうになるくらい痛烈で、身にしみた言葉でした。そしてその後、目的をしっかり意識すればするほど業務が効率的になることを実際に経験したことで、さらに深く身にしみ込んだのです。

    ~まだまだな自分。そんな自分を認識できたという変化~

    何となく、会社で働けるような気がしていた私。しかし、具体的な業績・成果を求められる場所では、自分はまだまだ何もできないということを実感しました。これは、今まで参加してきたどの企業の説明会やイベントでも感じなかったことです。そして、実感したことで変化したことが大きく2つあります。1つは、「とにかく行動してみよう」と意識が変化し、行動することに対する恐れが減ったこと。行動する前に深く考えようとして止まりがちであった私ですが、「とりあえず」でも動いてみることで多くの気付きが得られることを体験しました。そしてもう1つは、行動する時、ただやみくもにはじめるのではなく、目的を考えるようになったこと。これは一見、「とにかく行動すること」と矛盾しているようですが、この2つを両立させることで、スピードも質も高めることができます。しかし、変化したといっても、実はまだこれらを自然に行うことはできません。いまだに、指示が出るとその指示通りに動こうとして、考えることをやめてしまいがちです。このインターンシップでそんな自分を知ってから、自分の課題として、意識して注意をするようになりました。

    ~インターンシップだからこそ実感できた「自分ごと」感~

    この1か月はあっという間でしたが、さまざまな学び・気づきを得ることができました。このような体験は、プラスカラーの実践型インターンシップならではだと思います。

    1、企業の名前を背負って、実際に外部に発信する機会が与えられる
    2、取締役同士の会話や先輩インターンシップ生の意見・アドバイスを参考に、どうしたら成果が出るかを「自分」で考え、実際に業務を行う経験が得られる
    3、自分の行動に対し、毎回細かくフィードバックをいただける

    この3点があったので、緊張感をもって業務に取り組み、成長・変化することができたのでは、と分析しています。自分で考えた上で業務を実際に行うことで、「自分ごと」として捉えられるようになるのです。毎回、細かくフィードバックをいただいたことで、はじめは「知識では知っている」状態だったことが、徐々に「自分にとって本当に必要である」と浸透していきました。さらに、実際の経験は自己分析とキャリアについて考える材料にぴったりです。「目的意識」が大切というのは、就活でも同じ。「就活の目的」「自分の軸」を明確にすることで、いざ就職した時のミスマッチを防ぐことができるのだと実感しました。

    他の記事も読んでいただくと分かると思いますが、人によってインターンシップで学ぶことはさまざま。これを読んでくださったみなさまが得られるものも、十人十色でしょう。でも、言えることは「記事を読んで何となく得る知識よりも、はるかに濃い経験ができる」ということです。どんな理由でもかまいません。もし「何かやってみようかな」という気持ちが少しでも起きたら、あまり気負わず、インターンシップに参加してみてみませんか?