私がインターンをする理由

【私がインターンをする理由】インターンは自己投資!大学生が遊ぶ時代は終わった

  • 最終更新:2020/10/08

    はじめまして、日本大学で建築を学んでいる3年生の田中裕太と申します。私自身を短くまとめると【好奇心旺盛で、とりあえず行動しちゃう男子】。先に行動で、後から行動を正当化するために頑張るタイプです。現在は株式会社プラスカラーとwebマーケティング会社の2社でインターンをしています。3年生にも関わらず、就活には対して興味はありません。自分のやりたいことが実現できるのであれば就職しよう、ぐらいの感覚です。恐らく周りからは「大丈夫なの?」と思われるかもしれませんがその通りで、私自身も大丈夫なのかわかりません。しかし将来に対しては、“不安”よりも“希望”の方が遥かに大きく、インターンを通じて自分の学びたい分野を経験させてもらっている“今”が、人生において一番楽しいです。このような考えになった経緯や「働く」に対する考え方、多くの方にインターンを経験して欲しい理由などを書かせていただきたいと思います。

    ~就活に対する考えとインターンをする理由~

    私は大学に入学してから、就活、いわゆる新卒採用に対して、日本独自のイベントごととして捉えていました。3年生になる頃には「自然とイベントに参加するのか」という感覚。しかし、自分のやりたいことが90%も決まっていない中、周りに流されて「とりあえず大手に行けば勝ち組!」という流れで就活をすることに、徐々に違和感を持ちはじめます。また、もともと終身雇用は無いものだと考えていましたが、新型コロナウイルスが流行したことで、会社に入っても生き残り続けるには会社に貢献できるスキルがないと難しくなると思いはじめました。 そして同時に「仕事とは何か」について考えるように。その結果、私の考える仕事とは「人々を幸せにするために、自らにしか生み出せない価値を生み出すこと」だとわかりました。これらを通じて、“就職”は自分のやりたいことが実現できるのであればすれば良いし、やりたいことができないのであれば“起業”すれば良いと思うようになったのです。その上で、どちらの道に行くとしてもインターンは必ず経験する必要があると思います。社会の“今”や仕事の“現実“を体験できるだけでなく、自分の市場価値も上げられるからです。

    ~【ニューノーマル時代】インターンをしないリスク~

    インターンについて書く前に、今のインターンを決めるきっかけとなった“ニューノーマル時代”について触れようと思います。私が考える“ニューノーマル時代”は「個人が自由に選択できる時代」。そのために、インターンは選択肢を広げるための必須科目であると考えます。逆に言うと、インターンをしないと選択肢が限られてしまうということ。以前は「インターン=職場体験」としか思っていませんでしたが、今は自分が学びたい分野の“今”を体験できる場で、自分にとって必ず大きな財産になると考えています。また、もっと早くはじめればよかったと後悔もしています。それは、学生ほどリスクを恐れなくてよい環境は無く、より早い段階からたくさんのことに挑戦すべきだと思ったからです。 インターンでも「自分の学びたい分野で活躍しているベンチャー企業」がかなりオススメです。多くの体験・挑戦ができるのはもちろんですが、会社を経営されている方と近い場で働けるので、オーナーシップの意識が持てるからです。就職するにしても、働く際にはオーナーシップが生産性などに大きく影響するでしょう。他にも、ここでは書ききれない程のメリットがあると感じています。

    ~重要なのは、インターンで何を得てどう活かしたいか~

    私がインターン先を選ぶ決め手としていたのは、何を得たいか。そして、それをどう活かしていきたいかです。ただインプットするだけでは身についた気になってしまうだけなので、それをどうアウトプットするか、そして自分が将来やりたいことにどうつなげるかが重要だと思っています。私の場合、キャリアビジョンが【社会をより良くしたい】で、そのための一つの手段として、「日本の生産性・多くの人の幸福度」の向上があります。これを実現するため、“アンコンシャスバイアスを超えて、ダイバーシティーを一般化すること”を目指しています。プラスカラーではジェンダーの問題について知識を得たい、また広告のノウハウや記事の作成力を身に付けたい、さまざまなプロジェクトに関わらせていただきたいと思い応募しました。もう一つのwebマーケティングの会社は、自分で一から発信する力を得たい、また企業の成長に携わりたいと思い応募しました。どちらも私のキャリアビジョンには欠かせない環境です。インターンを自己投資として考えるのであれば、キャリアビジョンにつながる環境を選ぶのが良いと思います。

    ~インターンを経験して、価値観が変わった~

    インターンをはじめて、価値観において大きく二つ変化がありました。一つ目は、「何かスキルを身に付けなければヤバい!」と実感したこと。今後の競争相手は守るべきものを持つ社会人であると痛感し、相手は死に物狂いで来るという危機感を持ちました。インターン初日でこう感じたので、一日一日を大切にし、出遅れた分、他の人よりもより多くのことを吸収してやる! という気持ちで参加しています。もう一つは、今までの経験は何一つ無駄にはならないということ。以前は独学で勉強していたので「効率の悪い時間を過ごしていた」と思っていましたが、今は無駄ではなかったと思っています。一例として、本や動画を通じて投資の勉強していたのですが、カフェで過ごす時間にお店のキャッシュフローを予測し、勝手にコンサルティングを行なっていたのです。私はこれでコンサルティングやマーケティングのスキルが身に付いたと感じており、インターンでもとても役に立っています。本などである程度理解していたことも、実際やってみることで理解度は遥かに上がります。プラスカラーのインターンは仕事量がかなり多いですが、こんなに刺激的な環境は生まれて初めてで、とても充実しています。

    インターンをするか迷っている方がいたら、「迷う前に行動した方がいいよ!」と伝えたいです。プランを先に考えすぎて結局行動しないで終わったり、出遅れてしまったりするよりは、とりあえず行動して、後からその行動に利益を見出せるように努力する方が良いと思います。「PDCA」よりも「DPCA」くらいでちょうど良い。たくさん行動して失敗もして、そのうちの一つが最善の解決案ということはよくあります。そのため、まずは思い付いたら、直感に従って行動することをオススメしたいです。