西内彩乃_私がインターンをする理由

私がインターンをする理由

【私がインターンをする理由】自分に自信がなくても、まずは一歩踏み出してみよう

  • 最終更新:2021/02/18

    はじめまして。聖心女子大学文学部3年の西内彩乃と申します。現在は22年卒として、オンラインのインターンシップに参加するなどの就職活動を行っています。私はバイトリーダーとして売上に貢献したり、部活で優勝したりといった大きな功績をあげたこともなく、大学生活をぼんやりと送っていました。そのため、いざ就職活動を始めようという段階で自己PRやガクチカが書けずにつまづきました。自分にまったく自信がなく、就職活動は不安でいっぱい。できることなら就職活動をしたくないと思っていた私ですが、現在はプラスカラーでインターンシップに参加させていただいています。今回は、自分に自信がなくてこのままぼんやりと生きていきたいと思っていた私がプラスカラーのインターンシップに参加することになった経緯についてお伝えします。この記事がインターンシップに参加しようか迷っている方の助けとなれば幸いです。

    〜不安でいっぱいの就職活動が開始〜

    私は大学3年生の6月頃から就職活動を始めました。前述のとおり、自分に自信がなかったので自分を採用してくれる会社があるのかと不安でした。また、コロナウイルスの影響で厳しい就職活動になるという話も聞き、不安は増すばかり。自分に自信のない私を選んでもらうためには、とにかく何か行動しなくてはと考えました。まずは、そもそも自己分析とは何なのかから調べ、就活生のためのセミナーなどにも参加しました。業界分析もしなくてはと、Webの合同説明会に参加もしました。しかし「とにかく何かしなくては」という焦りからの行動は一貫性に欠けており、上手く情報収集をできている気がしませんでした。企業のホームページを見ても、1DAYや半日の仕事体験に参加をしても、どの企業も「同じ」ように見えてしまっていたのです。行動をしているはずなのに、なぜか私の就職活動は停滞しているように感じました。そんな中、私の焦りをさらに加速させたのが早期選考という言葉でした。どの企業も同じように見えてしまっているのに、選考が始まってしまうことは恐怖でした。悩んだ私は最初に立ち返り、改めて自己分析を行うことにしました。

    〜自己分析をして見えてきたものと見えてこなかったもの〜

    自己分析を改めて行い、自分の軸をはっきりさせようと思いました。自分の軸をはっきりさせると、その企業は軸に合っているのかという基準で企業の情報を見ることができ、企業ごとの違いが見えてくるようになりました。しかし、具体的にどういう仕事をしているのか、自分が働くイメージはつかないままでした。1DAYの仕事体験に参加したことはありますが、グループワークが主で自分の働くイメージを浮かべることは難しかったです。そんなとき、プラスカラーからインターンシップについての連絡をいただきました。私は業界を絞らず、できるだけ多くの企業について知りたいと思いスカウト型のサイトにも登録していました。そのサイトでプラスカラーから連絡をいただいたのが、インターンシップを知ったきっかけです。インターンシップの内容は、よくあるグループワークでの仕事体験ではなく、実務体験ができるものでした。また、プラスカラーは時間や場所にとらわれない新しい働き方を推進している会社であるという点にも非常に興味がわいたのです。自分が働くイメージを掴めずに悩んでいた私は、ぜひ参加したいと思い、インターンシップに応募しました。

    〜自分が活躍できる会社を選ぶために〜

    インターンシップに応募するにあたり、エントリーシートを記入する必要がありました。しかし、エントリーシートの質問になかなか答えることができず、今の私で参加できるのだろうかと心配になりました。2日以上のインターンシップにも参加したことなかったので、中長期のインターンシップへ参加することに対する不安もありました。

    しかし、私は参加することに決めました。何故なら、どんな経験も糧になると考えることができるようになったからです。オンラインでの就活相談や就活生同士で他己分析をし合う自己分析講座などに参加するうちに、これまでの些細な出来事が自分を形作っていると感じるようになったのです。

    また、座談会などで仕事にやりがいをもって働いている方々の話を聴き、就職活動はどれだけ内定を取ることができるかではなく、自分が一番活躍できる会社を選ぶことが大事だということにも気付きました。企業に採用してもらうという心持ちではいけないのです。自分が活躍できる会社を選ぶためには、自分は何が得意で何が欠けているのか知る必要があります。自分にとって最善の選択をするためにも、恐れずに、まずは参加してみようと思いました。

    〜新たな活動を通して得ることができるもの〜

    エントリーシートを提出して数日後、インターンシップに参加できると連絡が来たときはとても嬉しかったです。実際にこの会社で働く体験ができるのだと思うと、わくわくしました。グループワーク以外の業務経験をしたことがなかったこともあり、自分がきちんと仕事ができるのか不安もありました。しかし、貴重な機会をいただけたのだから自分にできることを精一杯やろうと思いました。

    説明会で他の就活生が積極的に質問をしていたり、就活セミナーなどでもきちんと軸を持って活動していたり、就職活動を始めたばかりの頃は他の就活生が自分より何倍も輝いて見えました。しかし今は、他の就活生よりも自分は劣っていると思って終わりにせずに、「今の私に無いものは何か」「どうすれば自分の価値を上げることができるか」について考えるようになりました。今の自分に足りないものを自覚するためには、不安でも新たな活動に参加してみることも大事だと思います。新たな活動を通して自分を再発見することもあるし、実際に体験をしてみることで得られることはあると思います。

     

    不安でいっぱいの私がプラスカラーのインターンシップに参加するまでについてお伝えしました。インターンシップに少しでも興味があるのであれば、参加してみると良いと思います。失敗しても、真剣に取り組んでいれば得るものはあるはずです。インターンシップに参加できるのは学生である今だけかもしれません。迷っているのであれば、まずは一歩踏み出してみましょう!