女性社員インタビュー

新卒入社1年目、第2の家族がここにいる。成長を見守ってくれる環境でのびのび成長中

  • 最終更新:2019/09/03

    「会社が大好き!」迷いなく言い切れる想いはどこから?

    WEB・モバイルによる集客ツールの開発・販売を行う株式会社エス・ケイ通信(以下、エス・ケイ通信)に、この4月新卒入社したばかりの岩崎さん。グループ会社の「株式会社グロースアップ」に配属となり、現在は集客システムの提案営業として日々奮闘している。彼女の業務は、お客様に商品を提案するためのアポイント獲得から始まる。もちろんアポイントが取れず、1日中ひたすら電話をかけ続けることもあるという。そんな営業職ならではの苦労に直面しながらも、絶えず「この会社が大好き」と目を輝かせて話す彼女に、会社の魅力と仕事のやりがいをたずねてみた。

    入社理由は“人”。足を踏み入れた瞬間「ここだ!」と確信

    そもそも営業職を希望した理由を聞いてみると、「色んな方に会えるのが営業職の魅力。あとは自分の成果が目に見えてわかるから」と話す岩崎さん。

    明るく体育会系の彼女は、大学時代所属していたサッカー部でキャプテンをつとめるなかで、他大学の監督をはじめとした目上の方とのコミュニケーションを体験してきた。その経験を通して様々な立場や業種の方と折衝を繰り広げる営業職への興味を募らせていったという。

    「目上の方と話すことで自分にない考え方を知れて、自分の成長につながることを実感しました。営業職なら経営者の方と話す機会もありますから、営業がやりたいって強く思っていました」

    営業職に職種を定めたものの、“何を売るか”は全く考えていなかったという。漠然と広告業界に興味を感じていたことから、ネットで広告関係の会社を検索してヒットしたのがエス・ケイ通信だった。

    早速説明会にエントリーし、後日エス・ケイ通信のオフィスを訪れてみると、会社に一歩踏み入れた瞬間「ここだ!」と確信したというのだ。

    出会う社員みんながキラキラしていて、ここなら自分も輝ける。

    会社への熱い想いを胸に、晴れてエス・ケイ通信に入社した岩崎さんだったが、いざ働き出してからは、いつも笑顔でいられる瞬間ばかりではなかったという。

    「失敗が足りないぞ」 上司の言葉に励まされる日々

    「4月、5月は言われたことを素直にやり続けていたら、何事もうまくいっちゃった側の人間でした。同期からしたら『うまくいってるな〜』と思われる存在だったと思います」と約2ヶ月前を振り返る。

    4〜5月に求められた「アポイントをいれること」はスムーズにできた岩崎さん。しかし、現在彼女に求められている「受注をとってくること」がなかなかできていないと現在進行形で悩み中のようだ。

    「商品はすごくいいものなので、私が特別何か努力をしなくても、『いいものだね』と言ってもらえる。だた、決して安いものではないので、その決意を決めてもらうひと押しができないんです」

    営業職を経験した人ならば、少なからず彼女の気持ちはわかるだろう。しかし、もちろん超えなければならない壁もある。

    「決断する時の不安な気持ちがすごくわかるから、つい寄り添いすぎちゃって背中を押せない…。これが自分の弱さだって理解したのも、上司からの言葉だったんです」

    営業の仕事を通して、自分自身の弱さを学ぶ場面もある。 それでも、つまずいて落ち込んだとき、上司の励ましにいつも救われていると言う。

    「先日も3件のアポイントがすべて受注にはつながらず、すごく落ち込んでいた時、上司からは『今は失敗する時期だから』『失敗が足りない』と励まされました」

    失敗をとがめるのではなく、失敗を恐れない心を教えてくれる上司の存在は、岩崎さんにとって学ぶべきことが多いという。

    そして温かいサポートで岩崎さんを支えてくれるのは、上司のみならず他部署の先輩にまで及ぶ。

    「落ち込んだ時は、他部署の先輩までもがすごく気にかけてくださって。夜5人くらいから電話を頂いたことも…(笑)とにかく皆さん、すごくアツいんです!」

    まるで第2の家族!温かい仲間に囲まれ仕事もプライベートも充実

    エス・ケイ通信には“大家族主義”という理念がある。親兄弟のような気持ちで苦楽を共にしながら、助け合い、切磋琢磨していく関係性を築くこと。

    そんな人間関係のあり方を映し出すエピソードが岩崎さんの口からも多く語られる。

    「22年間ずっと神戸で実家暮らしだったので、急に東京に出ることが決まって不安でした。でも今は、会社の人が家族みたいな存在。休日に一緒にいてもらうこともあって、すごく助けてもらっている。私にとって精神的な支えですね」

    毎週日曜日に開催されるフットサル部に参加したり、休日、先輩や同期と飲みに出かけたりと、プライベートも仕事の仲間に囲まれ充実していると話す岩崎さん。

    社員同士も家族ぐるみで付き合うことが多く、上司の奥さんと仲が良かったり、子ども同士の交流もあったりと、まさに“大家族主義”を体現している。

    「例えば私が結婚したら、きっと夫となる人も社員の人たちと仲良くなるんだろうな、というイメージ。そういう人と人とのつながりが私はすごく好きなんです」

    努力もちゃんと見逃さず、評価してくれる“愛ある会社”

    とにかく会社が大好きだと語る岩崎さんに、エス・ケイ通信での仕事のやりがいについてたずねてみた。

    「上司や上の人は、本当に頑張っている人をちゃんと見てくれている。結果重視の世界であることは重々承知の上で、頑張っているから育ててあげたいと先輩方は思ってくれている。だから頑張れば頑張るほど次があると思えるんです」

    岩崎さんが朝早く来て、人知れず努力をしている姿も上司はきちんと見てくれているようだ。「今日も気合い入ってるな〜」とさりげなく声をかけてもらえることで、見てくれいているんだ、と気持ちが引き締まると言う。

    逆に頑張り過ぎてしまっている時は、「もっと肩の力抜いたらいいよ!」「息詰まり過ぎだよ!」といった声がかかる。

    彼女が話してくれる日々の会社の様子は、目標という厳しさに立ち向かう彼女と、彼女を支える先輩や上司のあたたかい思いやりのエピソードであふれている。

    そんな多くの人からの心強いサポートを受け、素直に成長を続ける岩崎さんに今後の目標を語ってもらうと、出てきた言葉は「求められる人」だった。

    「まずは必要とされる人になることが目標です。今、地道に数字を追いかけているのはキャリアップのためじゃなくて、求められる人になるため。出した成果についてくるのがキャリアアップだと思っています」

    今を一生懸命に生きるタイプだと自らを語る岩崎さん。近い将来、高い吸収力でますます成長を遂げ、求められる存在として貪欲な精神で活躍する彼女の姿が目に浮かぶ。