• 最終更新:2018/04/16

    こんにちは!インターン生の野澤です!

    突然ですがみなさん!
    スーツは納得のいくものを選んでいると思いますが、「スーツに合わせるシャツ」も自分に合ったものを選んでいますか?
    と言いつつ私も就職活動を本格的にスタートしてから、2種類あることを知ったのですが・・・苦笑
    私のようにあまり考えずに買ってしまった人もいるとは思いますが、実は印象を左右するアイテムだと感じているはず!
    ぜひこの機会に考えてみましょう!

     

    真面目な印象を与える?レギュラーシャツ!


    就職活動に用いるシャツは主に2種類あり、どちらを着用しても選考に影響することはあまりありません。
    しかしどちらを着るかで与える印象も変わるので、ポイントは知っておいた方がいいと思います!
    まずレギュラーシャツ!これは男性のワイシャツ同様、第一ボタンを留めジャケットの内側に襟を収めて着用します。
    カチッとした印象を持っているため、金融業や不動産・教育関連などを志望している方や真面目な印象を与えたいときにはレギュラーシャツがオススメです!
    またスタンダードなシャツであるため、誰から見ても好印象で安心感があります。
    例えば夏のインターン申し込みに証明写真が必要だけど、志望業種や職種は絞り込めてない・・・って人には、無難なレギュラーシャツがオススメです。
    そして普段から明るそう、チャラそうと言われるという場合はレギュラーシャツを着ることで明るさの上にさらに真面目さという印象を与えることができるので、こちらがオススメです。

    明るい印象を与える??スキッパーシャツ!

     

    次にスキッパーシャツ!これはジャケットの外に襟を出して、左右に開いて着用するタイプです。
    また首元から胸元手前まで開いたデザインのシャツであるため、ボタンを全て止めてしまっても息苦しくなく、首の詰まった服は苦手という方にもオススメです。また襟が大きいから小顔効果があるとか?
    そして顔周りに白い面積が多く胸元がすっきりと開くため、華やかで明るく、はつらつとした印象を与えます。
    また明るく元気な印象を与えるため、履歴書の写真向きと言われることも多いです。
    実際に会うのではない書類審査の場合は、写真を見たときの印象が重要なポイントになります。
    よってその際には、明るくはつらつとした印象を与えるスキッパーシャツが有効と言われます。
    しかし注意点としては、襟の形が左右対称となっていないと、だらしなく見えてしまうことがあります。
    しっかり整えてから写真撮影や面接に臨むようにしてください!

    そしてもし小さすぎると窮屈で苦しくなってしまうこともあったり、逆に大きすぎると姿勢が歪んでだらしなく見えたり、余計なシワができたりしてしまうので、しっかり試着してサイズを確認しましょう!

    番外編「私服スタイル」

    短期間のインターンシップや面接で一番困るのは「私服で着てください」ですよね・・・。
    私も「私服で着てください」とメールで来た時に、友達や先輩に相談したりひたすら検索したりしていました!
    「私服でも可」の場合はスーツが無難ですが、IT業界などあまりお堅くない業界の場合、私はオフィスカジュアル系統の服装にしていました。
    これは時期によって異なりますが、ジャケットにフレアスカートあたりが無難だと思います。
    「私服で来てください」の場合は、私服で大丈夫です。しかし社会人とお会いするということを忘れない服装でお願いします!         

     

      うまく使い分けてね!

    シャツ2種類のそれぞれのメリットなどはうまく伝わったでしょうか?
    自分の目指している業界や業種に合わせていい感じに使い分けてみてください。
    どちらにしても襟は顔に近く印象を左右する部分であるため、面接前日にアイロンを当てて、シワを綺麗に伸ばしてさらに自信をつけてください!。

    これから面接などたくさん入ってくるかたもいるかとは思いますが、シャツ1枚で印象アップに繋がるなら買ってもいいのかなって感じですよね!
    またこれから就活を行う方たちは、ぜひ参考にして見てください。
    自分に合うシャツのタイプ、サイズを見つけて第一志望に臨みましょう!